データセンター省エネ技術



スマートフォンは、「常にデータセンタ−と通信」しながら多様で便利なサービスを 提供してくれる時代になった。  そのスマートフォンは、データセンタのサーバ群から「クラウドサービス」を受けている。今後益々のスマートフォン高速化により、データセンタは、さらに高度なサービスを求められ大規模高速化を要求されている。  日本でのデータセンタ消費電力は全国の1%を消費し、2018年には全世界の3%を データセンタ−が消費するという予測もあり、再生可能エネルギーの利用を初め データセンタ−省電力化市場は大きくなる予想される。  本プログラムでは、約10年で消費電力を50%にした様々な技術を紹介し、今後 必要とされる技術検討を紹介する。 1.データセンタにおけるサーバの使われ方 2.熱いサーバを”冷却”するという間違った考え方 3.数年で数倍高速化するサーバ 4.データセンタでサーバ台数が増加する理由 5.最新サーバは暑さに強い 6.サーバ熱を搬送する様々な技術 7.クラウド技術とHPC技術 8.再生可能エネルギー利用の必然性 9.ライブマイグレーションによる省電力化 10.蛇口をひねると使える水道のように情報が使える未来 最新データセンタの実態をご理解いただき、今後必要とされる部品、技術を解説します。

データセンター省エネ技術」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です