Facebook DC仕様を読みながらツッコミ

Facebookの新しいデーターセンターは、「Open Compute Project」の考え
にもとづき、設計データやたくさんの写真が公開されています。
AgileCatさんが詳しくご紹介なさっているので、ご参照ください。
Agile Cat — in the cloud with openness Facebook 
– 対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project 
http://agilecat.wordpress.com/2011/04/08/facebook-%E5%AF%BE%E8%A8%B3-building-efficient-data-centers-with-the-open-compute-project-cloud-facebookjp-cbajp/ 
Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開 http://agilecat.wordpress.com/2011/04/08/facebook-%E5%AF%BE%E8%A8%B3-building-efficient-data-centers-with-the-open-compute-project-cloud-facebookjp-cbajp/ 

5月6日に「Facebook データセンター仕様を読みながらツッコミを
入れる会」を京都産業大学安田先生と行いました。40人近く お集まりい
ただき 大変ありがとうございました。

私が疑問に思ったことをInterlop展示会でも、ご説明しました。
1.排気側構造は?
「外気導入型データセンター」では、気流の流れが大事なのですが、排気側の
構造が公開されていない。
下記写真では 3ラックをひとまとめにして軽量化を図りながら強度を上げる
ような良い提案が出ています。しかし、1ラック30台、1台のサーバには
電源ファンを含んで5ヶ搭載されているので、6ラックで合計900ヶのファン
が搭載されています。1.5U高さなので 大きなファンが使えて静圧も大きいと
思えますが、排気側構造が悪いとサーバは冷えないように思われます。
仕様書にファン風量が規定されているのかな?誰か教えて(m_m)
.
2.ヒートシャッターが徹底されていない?
Googleと同様なお皿サーバは、VCCI(ノイズ対策規格)に対応出来ないので、
一般に販売できません。NECより 40℃対応サーバが出てきましたが、
お皿サーバではありません。
3.特許
Open Compute Projectは、特許に関して責任を持てないような記述があり、
Facebook以外の会社が所有する特許を使っていても関知しないような
記述があります。
4.電源とマザー
UPS機構をもった電源ユニットで特別なコネクタで直結している。先日の
ComputexTaipeiで、Facebookコネクタを付けたマザーボードや電源は
皆無だったので、この電源は簡単に入手できないように思えます。
マザーは特殊でも、1000枚注文すれば たいてい作ってもらえるので
問題になりませんが、電源の特注は通常1万台を越えますので、一般的には
入手できません。電池を接続出来るようになっているので、なおさら簡単
では無いです。電池接続ケーブルのインピーダンス設定がおかしいようにも
思える。
5.空気線図
オレゴンの環境分析に使っている。これについては後日ブログに記載。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です