Computexで見かけたGPUサーバ

ComputexTaipei での報告。

サーバ各社はGPUサーバに注力している。
2UでGPGPUを4基も載せられるサーバや、4Uで8基も載せられるサーバが
展示されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4U機は販売実績があるようで稼働していました。
4Uで3KVAも必要な電力的にすごいサーバです。
最新のTesla M2090だと 512 CUDAコアなので 1台で4096CUDAコアという
すごいサーバです。
しかしながらこのようなサーバを通常のデータセンターに設置しようとすると
1ラック3台しか搭載できず、48サーバで16ラックも必要となり冷凍エアコンを6台から
10台設置することになるので、運用費が高くなります。

弊社の空冷DCなら 2部屋で48サーバを搭載でき空冷出来ます。

※注:空冷DC設置場所に制限があります。

会社や研究所の片隅に約20万CUDAコアのスパコンを設置できます。

 

 

 

 

部屋幅 約6m

1ラック 3KVA×8=24KVA
6ラック 24KVA×6=144KVA
通常の魔法瓶型データセンターだと、1台3000万円の冷凍エアコンが
6台以上必要となり、ラックを取り巻くことになります。
スパコン購入費は 5000万円以下なのに 冷凍エアコン購入費は2億円以上
となり 電気料金も毎月約2倍払うことになります。

 

 

 

 

 

奥行き 約8m以上

※注:空冷DC設置場所に制限があります。
空冷DCは、これからのスパコン普及で必須な技術です。

 

Computexで見かけたGPUサーバ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です