クラウドのコスト

今後 普及するであろう クラウドコンピューティングで必須であることは、
以下の3つのコストを大幅に下げないといけないということです。

1.データーセンターの空調電力コスト
2.コア数の多いサーバーか、省電力チップを使ったサーバーを使う
3.回線コスト

これらのコストを下げることが出来なければ クラウド時代に要求される
低コストなサーバー提供サービス事業を続けられません。
空調機不要なデーターセンターや1ラックに10,000コア収納出来るような
高密度サーバー、10GbE幹線を持つなど、すでに準備は出来た。
世界に負けないクラウドデーターセンターを作ってみたいもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です