Macmini Serverとヒートシャッタ

Macmini Serverを使って高密度実装して
ヒットシャッタを考察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロケーションサービスとして 回線費用なども含むので
$35 は適正だと思われます。

ヒートシャッターを設定して省電力化を設計します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな簡単なヒートシャッターでも大きな省電力化に
なります。
さらなる省電力化を考察します。
1台のMacmini Serverはどれだけの風量が
必要なんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15CFMの風を流せば冷却出来ます。
156台を1ラック両面実装すると
2,340CFM流せば156台を冷却出来ます。

 

 

 
もっと積めないかなぁ〜〜
(^0^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Macmini Serverの上下でヒートシャッターすれば
240台を3,600CFM の風量を流せば冷却出来ます。
50cmクラスの大型軸流ファン1台(200W以下)で
240台を冷却できます。

3ラック720台構成でも たった600Wで冷却出来ます。

 

 

 

 

 

 

 
PUEは1.1以下となり 大幅な省電力化が実現出来ます。

4ブースで構成すれば2,880台 立派で飛び切り省電力な
Macmini Serverデータセンターを作れます。